病院選び。保険。

病院選びは重要です。
幸い、私は手術後に麻酔が切れて、
痛かった事は一度もありませんでした。


基本的に、肛門括約筋の一部を切り取る訳ですから
麻酔が切れたら痛いはずです。
手術後、傷口が治ってないときに
大便をしたらお尻の穴が広がるので痛いはずです。


私の病室に、患者さんは5人いましたが、
誰一人「痛い痛い」と言ってませんでした。
先生は私のインフォームドコンセントの時に
手術後に痛くない手術を目指していると
おっしゃっていたのはこの事だったようです。


私は幸い母を通じてこの本郷先生を知る事が
できました。やはり人から聞いた話を元に
病院選びをすると良いと思います。


費用も大事な問題です。
私は18歳の時に手術したので
親が全て費用を出してくれました。
その時の領収書を見せてもらいました。
痔ろう 費用
↑私の領収書です。31040円です。


痔ろう 費用
数ヵ月後、私の話を聞いて脱肛の祖母が
本郷先生のお世話になりました。
↑祖母の時の領収書です。
88600円です。
祖母の方が入院期間が長く、
かつ祖母は途中から個人部屋に移りました。


健康保険を使えない肛門専門医院だと痔ろうの手術費用
は30〜40万円くらいするそうです。
後で聞いた話ですが、
自由診療の方が上手な先生が多いそうです。


私は、健康保険が効いて
手術後全く痛くなかった肛門科に行けて
とても幸せだと思いました。
これも何かのご縁だと思いました。


***********************
私は、次に痔ろうになっても
親はもう入院費、治療費を払ってくれません。
自分で払う必要があります。
私は現在独身なんですが、入院保険(いわゆる医療保険)
に入っていませんでした。


しかし、この度、医療保険に入っておきました。
病気・事故にあった場合も、
痔ろうが再発した場合も、この医療保険が効くので
一応、安心です。


ただ、最近の痔ろう手術は、医療技術が進み
入院の必要がなく日帰り手術が多いので
痔ろう手術に限って言えば、手厚い医療保険は必要なさそうです。
入院1日目から使える医療保険が良いです。
日帰りでは痔ろう手術代が下りない可能性がありますから・・・。
私の入った保険、この辺り確認しておかないといけません。


痔ろう完治。に進む

痔ろうブログ TOPページに戻る