入院準備、入院生活。

手術前に、生まれて初めて浣腸をしました。
何とも気持ちが悪かったです。
浣腸を打ち込んでお尻の穴をギュッと閉めて
しばらく我慢。
ここで排出してしまうと浣腸やり直しです。
便を出し切ってから手術です。


私は5人部屋になりました。
私が勿論最年少。
45〜60歳のおじさんばかりでした。


皆本を読んだりテレビを見たり
思い思いに過ごしていました。
先生の手術がよっぽど上手だったんだと思います、
手術後 痛い痛い言っている人は
1人もいませんでした。


そして、手術後は皆一生懸命
傷口を洗浄していました。
先生はじめ看護婦さんが、
常に洗浄!洗浄!と言うので
患者に啓蒙されていったんだと思います。


私はこの間、受験勉強をする訳でもなく
ゆっくり休みました。よく眠りました。
入院する事を誰にも言ってなかったので
誰もお見舞いになんて来ません。


母が私をよっぽど暇だと思ったのか
なぜか漫画を買ってくれました。
私はその読みたかった漫画を読みました。
入院中 私は食事、漫画、洗浄しかしませんでした。
私は大いに暇を楽しみました。


これから手術される方、
こんなにゆっくりできることはもうないでしょうから
大いに暇を楽しむと良いと思います^^。


本郷先生の面白いお話に進む

痔ろうブログ TOPページに戻る